ページTOPへ

吉川ロジスティクスグループ社会貢献

社会活動ニュース

ニュース一覧

社会貢献活動・地域貢献活動

吉川ロジスティクスグループは、年間1万人を超えるボランティア活動・社会貢献活動を支援しています。

森の再生・命の絆
森林ボランティア SaveForestX

SaveForestXは1999年から大阪・奈良・和歌山の森の再生活動や、棚田や山の畑での無農薬有機栽培、また奈良吉野川でのカヌー・カヤック・川遊びなどを実施してこられた森林ボランティア団体です。

吉川ロジスティクスグループは2011年以来、大阪市内と各フィールドをマイクロバスで結び、年間100回にわたってボランティアの皆さんを送迎して参りました。

奈良県旧大宇陀町の棚田で丹精された餅米は年末、吉川運輸株式会社本社で開催している餅つき大会で使用し、大変好評をいただいています。

出来るを励ます・出来たを喜ぶ
児童発達支援 一般社団法人どすこい

一般社団法人どすこいは「同じ土俵の上で表裏なく本気になってぶつかり合う」をモットーに、SaveForestXと連携しながら森と街とで発達障害の子どもたちの支援や、ご家族と一緒にフィールドでのボランティア活動を展開されています。

吉川ロジスティクスグループでは2015年3月から年間100回にわたって、昭和町部屋・信貴山部屋・西田辺部屋の子どもたちとスタッフ、ご家族をフィールドまで送迎させていただきました。

毎回、コミュニケーションや運動・言葉に困りごとを抱える子どもたちが、それぞれのペースで成長していく姿に感動をいただいています。

奇跡のような場面がもっともっと増えるように、これからもご支援を続けて参ります。

紀伊半島大水害からの復興
大塔ライフハウスプロジェクト(olhp)

大塔ライフハウスプロジェクト(olhp)は2011年9月に発生した紀伊半島大水害によって大きな被害を受けた奈良県五條市大塔町(旧奈良県大塔村)の再生を目指す取り組みです。

廃校になった旧大塔小中学校を拠点として、2019年10月には社会福祉法人を設立し、介護・児童発達支援・障害福祉サービスの各事業を展開し、雇用を創出し、就労・移住を促進することを目指しておられます。

吉川ロジスティクスグループは2018年12月に行われたクリスマスイベントに協賛させていただきました。

2019年1月現在、住民が270人にまで減ってしまった集落を10年後には「持続可能・自給可能な1,000人のコミュニティ」にしようという壮大な挑戦を、これからも応援して参ります。

外国人研修生のみなさんとの
吉川ロジスティクスグループ国際文化交流

吉川ロジスティクスグループでは2019年2月現在、ベトナムから25名の技能実習生のみなさんを受け入れ、現場で活躍していただいています。

2018年12月から日本語検定N1・N2の合格を目指して本社にて毎月1回「日本語教室」を開催してきました。

2019年4月からはさらに日本とベトナムとの文化交流を図るため、SaveForestX・一般社団法人どすこい・olhpのフィールドに出かけ、森林ボランティア・発達支援・集落の再生活動などで協働します。

作業や遊び、ワークショップを通じて、また一緒に焚き火を囲み野外で食事をすることで、国や言葉を超えた交流を実現して参ります。

福利厚生活動

吉川ロジスティクスグループでは、社内のコミュニケーションとモチベーションのアップ、社員の参画意識と安全意識の向上を考え、年間を通じて様々な福利厚生活動を積極的に行っています

森の再生・命の絆
SaveForestXとの協働

  • 従業員親睦会
    スポーツを通じた懇親会・同期入社の社員懇親会(現状の仕事に関する悩みの相談・意見交換など)を開催しています。
  • フォークリフト技能競技大会
    毎年秋に行われます。全国の事業所から地区ごとに参加し、フォークリフトの技能と安全意識の向上を目的に開催されます。
  • 餅つき大会
    創業以来、毎年年末に行われています。無病息災・社内安全・商売繁盛を祈願する一年の締めくくりの行事です。
  • 安全衛生委員会
    毎月1回行われ安全意識の高揚と日頃の安全衛生活動の評価を行い、無事故職場・安全優良運転手が表彰されます。
  • 安全運転講習会
    地域の警察署から講師を招き、物流業界には必要不可欠な交通安全講習会を年2回開催しています。
  • 救急救命講習会
    地域の消防署から講師を招きAEDの使用方法の習得をはじめ、様々な救急救命活動の講習を行っています。